About / RC-Z家の会とは

test

ごあいさつ

杉崎 勝廣
RC-Z家の会 会長
株式会社カツキ
代表取締役 杉崎 勝廣

建築業界は景気の先行き不透明感による消費意識の停滞や、原油価格の高騰に端を発する原材料費、輸送コストの上昇げなどで一層厳しさを増しています。また一方で構造の安全性や建材の耐火基準を偽るなどの事件で社会的信頼に影を落とす事態にも直面してきました。このような状況のなかにおいて、私たち建築に携わるものの基本的使命はお客様の生命と財産を守り、快適に生活を営むことのできる建物を真摯な姿勢で提供し続けることだと考えています。

私たちはRC-Z家の会は会員相互の協力により、安定した価格による資材の供給体制を確保するとともに、情報の共有と技術の研鑽を図り、適正な価格で安心できる建物の提供を目指していきたいと考えています。

また昨今、あらゆる業界において、製造過程から製品として提供されて後々までの一貫した環境配慮という命題がクローズアップされています。私たちRC-Z家の会会員企業に共通する建築技術は、建築過程でのベニヤ型枠の使用を大幅に削減するとともに、省エネルギー性能と耐久性に優れた建物の提供を可能にします。よって私たちの会員個々の企業活動は、微力ながら社会に貢献すことに繋がっていると信じております。

今後もこの会の設立趣旨を念頭において、組合員各々が常にお客様に満足いただけるような環境に配慮した優良資産となる建物の提供を目指して取り組んで参ります。

設立趣旨

この会は、「RC-Z工法」を導入した企業より発足し、さらなる高品質な建築を目指す一般企業の参画も含め、会員の地位向上と合理化を図ることを目的としております。

会員が共通して保有している工法・技術ノウハウの「RC-Zシステム」は、3世代100年資産住宅を標榜していると自負している次第です。

「RC-Z家の会」は、従前以上に技術ノウハウを蓄積し、資材や消耗部品の開発・改良、コストダウン及び会員各社が関係する様々な人的経営資源・物的経営資源についての情報提供、共同有効活用等を積極的に推進し、会員相互の発展に寄与することを目的として、ここに権利能力なき集団(人格なき社団)を組織し、顧客の生命・財産を守る器としての高品質な住宅を継続して提供することにより社会に貢献することを趣旨と致します。

活動概要

RC-Z家の会 共同組合事務局
〒230-0076
神奈川県横浜市鶴見区馬場3丁目9番25号
TEL.045-582-1021 FAX.045-582-1022
□設 立:2008年8月
□組合員数:23名(2012年5月現在)

役員名簿

会 長 株式会社カツキ
代表取締役 杉崎 勝廣
副会長 オバタ建設株式会社
代表取締役 小幡 常男
株式会社テクノホーム
代表取締役 堀口 俊彦
幹事長 長野ハウス建設株式会社
代表取締役 小山 稔
幹 事 株式会社RCdesign
日本ビルド建設株式会社
露木建設株式会社
会 計 有限会社盛山建設

BACK TO TOP